スイングポップの発注の仕方とは

スイングポップとはゆらゆらと揺れるポップのことで、商品棚などに取り付け、商品やサービスを宣伝する役割をもったものです。通常のポップと異なる点は風によって動くということであり注意を引くことができるということです。このため商品を提供する側が自社の製品をアピールするためにスイングポップを提供することもあります。スイングポップを作ることは自作でも可能ですが、ある程度の数を配置する必要があるため、印刷業者に発注するのが一般的です。特にインターネットで請け負っている業者であればテンプレートも用意されていますし、専用の機械を用いて製作してくれるので短時間での納品が可能です。一方でスイングポップでは耐久性のある品質の良い紙が使われ、またフルカラー印刷されるので価格は高めです。

スイングポップのその効果について

スイングポップとは、ポップの部分と首の部分から出来ているもので、ポップ部分の重みによって風など影響を受けてゆらゆらと揺れるものです。通常のポップと異なり、お客様の目を引くため注目されやすいメリットがあり、販促用の棚などに付けることで、キャンペーンを行っていることや、新商品やセール品であるといったことなどの宣伝広告効果を得ることができます。スイングポップは主にメーカーなどが販促用として提供するのが一般的なものですが、その他、動的な作用によって注意を促すといった効果を得ることもできます。スイングポップはその性質上、首の部分は一定の反発性が必要であるため丈夫な厚紙といった用紙が利用されており、より反発性を持たせるためにラミネート加工が施されたものもあります。いずれにしても耐水性や耐久性に優れフルカラーで作られるのが一般的です。

スイングポップを発注する方法は

スイングポップはお手製で作ることもできますが、販促印刷物などを提供している業者が製造を請け負っています。スイングポップではコート紙のほかユポ紙が使われます。ユポ紙は優れた耐水性を持っている紙であり、後からラミネート加工を施すよりもコストを抑えることができます。スイングポップを発注するさいの手順としては、大きさや形を決めて、テンプレートからデザインを選んだり一からデザインすることになります。それらが決まれば印刷と加工が行われますが、すべて機械で行われることになります。一方で価格としては業者によって変わってきますが10枚5万円が最低ラインとなっており、枚数が多ければ多いほど1枚あたりの単価を下げることができ、1000枚になると7万円程度で作ることができます。